ここに書くの久しぶり

何とまる2年書いてなかった。
twitterとpixivやってるとつい……
まあそのtwitterもサボり気味ですが。基本的に愚痴以外話すこと無いんよ。
平凡で単調な日々の中でため込んだストレスとか欲求不満をゲーム作りにぶつけているワケで。
こまめに発散してしまうと心の気圧が下がる気がしてどうも。そんな真性ぼっちなオレです。

現在、新作ゲームを鋭意作成中です。
一番売れていないわりに、購入くださったユーザー様からは深く愛してもらっている南海ヤークトの続編です。
ミステリーもの(なのか?)ということで、「登場人物多い」 + 「服着てる」 = 「立ち絵つくるの大変」。

奴隷姫も姉の盾も、メインヒロインはまっぱだったからなぁ……
あと、乳のサイズがインフレしていたので下方修正。ストレス半端ない。
頭よりも小さいおっぱいがバランス悪く見えるってのは重症かもわからんね。




さて、最近のマイブームはポケモンSM。
ポケモンは赤緑以来なので、いろいろビックリ。道具って何? 性格? 特性?
進化してたんだなぁ。

一方で根本的なシステムは初代から変わっていなかったというのも驚き。
中学生だった当時は全く気に留めていなかった、種族値個体値努力値の概念。
知らない方は是非ググってほしい。このシステム、究極だと思う。
だってこの3つの数値だけで「種の多様性」「個体の多様性」「個々の生きざま」が表現されるのよ?
さらにタマゴシステムと合わさることで血統や遺伝も表現できる。
しかもそこにユーザーの意思を反映できる。
神か! ため息が出るね。
ゲーム作ってる生物学者の卵くずれのオレの琴線に触れまくりの芸術品ですよ。

というワケでどっぷりハマっています。
何より、ポケモン可愛い。リフレしまくり。
お気に入りはヌメルゴンムウマキュウコン(アローラ)。この子たちでようやくバトルツリー20連勝できました。
あとアブソルが好きで好きでたまらないので、何とかこの子を軸にしたパーティでバトルツリーに挑戦したい。
でもブランク十ン年のオレにはアブソルはまだ使いこなせない……。

引っ越した!

実に8年ぶりに一人暮らし再開でござんす。
学生の時とはちがって、今回は住民票も移して完全なる独立。ようやく。
やっぱ1人は自由度が違うね。


というわけで、ご無沙汰しております、高島です。
年度末までに仕上げたいと思っていた姉の盾バージョンアップもいつものごとく遅れておりましたが、ようやっと仕上がりました。
文章をスキップするスクリプトを追加したのですが、本作はRPGのくせにやたらテキスト量が多いので、テストプレイがまあ快適になりました。最初から搭載しておけばよかった。
僕の中ではとりあえずこの作品でやりたいことは全てやったので、あとは不具合に対応しつつ次に進みたいと思います。



次回作、どうしようかな……。
最近はDLサイトコムさんでもエロRPGが氾濫しているので、自分的にはRPGを離れようかとも思いつつ。
かと言ってアルツク並にやりやすいツールが他のジャンルであるのかなぁ……。何か探してみよう。

ADVはなぁ……、今のご時世ボイス無しはなぁ……。



今更ですが、ダンガンロンパやりました。1・2リローデッド。
じつはPSVitaTVを買ったのですが、今の部屋にはテレビがないという。
なので実家にいる間にやり切ってしまおうと、なんかもう寝る間も惜しんでやりましたよ。
おかげで旧ドラ○もんボイスが頭から離れない。イヤッホウ! エクストリーム!!
アドレナリンが染み渡る素晴らしい作品でした。

登場人物はみんな同級生ということで、俺の好きな姉キャラや先輩キャラはいないのですが、
いいですね、七海千秋嬢。隠れ巨乳だし。
行き詰った推理の突破口を開いてくれるリード役なのですが、1の霧切さんと違ってさりげない感じがいいです。
噛んで含めるような話し方も見た目とは裏腹にお姉さんっぽくて好き。隠れ巨乳だし。

あとは何といっても狛枝君。何なんだこの子?
愛すべき要素が1つもないのに。言うこと為すこと嫌悪感を誘うのに、何故か嫌いになりきれない。
不思議な魅力がありますね。
こういうキャラを生み出せるってすごいと思った。

マジ師走

この度は『姉の盾』をプレイいただきありがとうございます。
数々の好意的なレビューや、やり込まなければ見えて来ないであろう不具合報告など、頂くたびに
『作ってよかった……』
と感慨にひたる日々です。本当にありがとうございます。


で、その肝心な不具合修正ですが、なかなか着手することができず申し訳ありません。
社会人になってからの師走って、本当に忙しい。
食うためだけにやってる仕事に多大な時間と労力を持っていかれるのって、本当にもどかしい。
今後の目標は、今の仕事を上回る年収を稼ぎだすゲームを作ることだなと思います。


年明けに少しヒマな時期が生じるハズなので、そこでカタを付けたいと思います。
まあ、その時にはもうプレイされることも無くなっていると思われるので、また引っ張り出して遊んでもらえるような追加要素もねじ込みたい。


あと、少し驚いたのが、頭打ちと思われていた前作『奴隷姫』の売り上げがちょっと上がっていたこと。
なんか、もう、本当に、ありがとうございます。
さっそくヨドバシのおもちゃコーナーで盛大に使わせていただきます。

『姉の盾』発売しました!

モザイクの消し忘れって何だよ。やっぱ25日のオレはどうかしてたわ。


さてさて、発売しました『姉の盾』。

よろしくお願いします。
実は今作の高島のお気に入りは、戦略魔導士メルティミルキィ。
この子は名前から生まれたキャラです。ふとメルティミルキィって名前が浮かんできて、気が付いたら容姿も性格もかっちりと決まっていた。
『考えた』っていうよりも『出会った』って感触のキャラでお気に入り。
まあ、服装とか瞳とかは某アニメキャラのパクリオマージュですけどね!


前作はやれ無理ゲーだ不具合ゲーだと言われ修正作業に追われることになったので、
まあ、テストプレイの少なさが招いた自業自得なんですけども、とにかく僕の中ではプチトラウマなワケで、難易度バランスとかバグとかマジ怖い。


スーファミ時代のゲームとか本当にバグって少なかったよなぁ。あってもドリル装備とか愛嬌のあるものが多かった。
最近のゲームは良くも悪くも複雑化していて、テストに割く人も時間も少ないのかな、「それ商品?」みたいなバグが多い気がする。


あ、やべ。あんまり言うとブーメランになりかねないのでこの辺で。


購入して頂いた皆さまには是非とも楽しんでいただければ幸いです。

出来た……長かった……

出す出す詐欺と化していた新作RPGですが、ようやっとマスターアップってんですか? しましたよ。
徹夜ハイです高島です。

いつものようにDLサイトコム様に申請したんで、モザイクの消し忘れとかなければ近々公開されるはずでございます。


今回は色々と課題の残る製作でした。
まずPCが壊れた。買い替え前後でツールが変わったために絵柄が若干変化。
てゆーか、それまでペンタブ使ってなかったんです。マウス塗りだったのです。
ペンタブ最高!
なので、それまで描きためていた立ち絵を半分以上描き直し。
イベントCGも線画抽出まで終えていた描きための大半がボツ。


しかも、今にして思えば愚かの極みなのですが、ストーリーが確定する前にCGを描き始めていたため、途中から追加するべきイベントCGが出るわ出るわ、ついでにボツもまた出るわ。
製作期間の3分の1くらいは徒労という名の焼却炉に放り込まれていた気がします。
スケジュールの検討、大事。


次回はもっと短期で、すっきりした短編を作りたいなぁ。

お久しぶりです。

実に一年以上ぶりに本家サイトを更新。
自分の中でははるか昔に描いた恥ずかしい絵に『NEW』とかついていて恥ずかしさ2乗です。


ようやっとオリジナルRPGの全立ち絵とイベントCGが完成。
過去の絵を描き直したり何だりとやたら時間がかかってしまいました。
アルツク作業の方は、一通りのイベントを設定完了。まだまだパラメータの設定とか戦闘システムとか成長システム作成とか前途多難ですが、まあ、頑張ります。


基本的に、朝仕事に行って帰ってきたらゲーム作ってのルーチンワークなので日記に書くことがないんだよなぁ。ツイッターに呟くことすら滞りがちなのに。

別れは突然

この間、奴隷姫の受難曲のDL数が700を超えました。ありがとうございます。ぼちぼち次回作のコンセプトが固まってきたので、本腰いれて作り始めようかと思っております。
僕は何をするにも外堀から埋めていくタイプでして、立ち絵とかイベントCGとか一通りの素材が揃ってから初めてアルツクに取り掛かります。というか一つの段階が終わらなければ次の段階へ進めない。この性分のせいで今まで何回企画をとん挫させてきたことか。
それはともかく、前回はイベントCG(ぶっちゃけエロCG)のボリューム不足と使い回しを指摘いただいたので、今回はがっつり描いたるでー! と意気込んでおります。



意気込んでおりました。



しかし……、こういう時に限ってトラブルってのは起こるモノ。
よりによって15年来の連れ合い――デスクトップPCが逝きました。以前からモニターが突然切れるという症状は出ていたのですが、本体が悪いのかモニターが悪いのかわからなかったのでそのうち安いモニターでも買って様子を見ようと考えていた矢先にキーボードが操作を受け付けなくなる。
でもそれだって本体が悪いのかキーボードが悪いのかわからないからそのうち安いキーボードでも買って様子を見ようと考えていた矢先にマウスの反応が遅くなる。
でもそれだって以下略――、矢先にPC本体から異音。スリープしたらそのままシャットダウン。何もしなくてもシャットダウン。
もう、ダメか。
まあ、15年だからなぁ。当時オレは高校生だった。バリバリの未成年だったけど、エロゲーやってた。KANONに始まりONEを経てAirに泣いてMOONをやった。実は人生で最初に萌えたキャラは沢渡真琴でした。今のオレからは想像つかないことに。さらに驚くべきことに、ONEでは椎名繭がお気に入りだった。あの頃のオレはどうかしていた。みゅーみゅー泣いてるあの子に父性本能を刺激されていた(そして一生分使い果たした)。
その後は聖さんだったり名倉友里(巨乳の姉)だったりと順調に軌道修正されていったワケだけど。
うん、あのころからオレはすでに道を踏み外していたんだね。

話がそれましたが、そんな感じで長年の愛機であり戦友から唐突に別れを告げられたのです。
よく頑張った。celeron(700MHz)のCPUで、127Mのメモリ(元々192Mだったはずだがいつの間にか64M分イカれていた)で、20Gのハードディスクで、よく動いてくれた。
PC「あなた、私もう、逝くわ」
オレ「苦労かけたね、お前」
そんな心境。
残念ながら、喪に服している余裕はないのでさっそく後妻を娶るためにヨドバシへ。店員さんと小一時間話をした結果、前妻と同じVAIOを購入することに。ついでにメモリを増設してもらうことにしたら納品が8月2日になるとかなんとか。


またお預けかよ!


しょうがないのでしばらくはシナリオの練り込みに専念ってことで。おっぱい描きたい。




>>飲マスク様
どうもです。
ウルフガイの原作は、地元の本屋を探してみたのですがどうにも断片的で、少年ウルフガイにいたっては狼の紋章しか見つけられませんでした。購入しましたが、僕自身のバイオリズムがアウトプット期(創作意欲が沸いている期)に入ってしまったので、しばらくは積本になってしまうと思います。



仮面ライダーBlack RX
Blackから引き続いてガキのころにリアルタイムで見ていた記憶がありますが、何も覚えてませんでした。こんなぶっ飛んだ話だったとは。「時速1500kmで走る車」を「海底に持って行って命を吹き込み」、「その後パタっと出番なし」とかツッコミが追い付かない。
とりあえず20話ほどTSUTAYAから借りて視聴。ガテゾーンとかデスガロンとか、怪魔ロボットのデザインが格好いい。思えば、当時は1話で1怪人だったんだなぁ……
こちらはお絵描き中のバックグラウンドとして観ていこうと思います。



ドラゴンズクラウン
発売しましたね。
うん、アマゾンさんエゲツナイ。ソーサレスさんアザトイ。
こ、こ、こんなあからさまな巨乳にオレが釣られると思って――CV:少佐と喜久子姉さま――わーい!(巨乳にダイブ)
心情としてはもうそんな感じで、購入したら最後クリアするまでハマるのは目に見えているので、こちらもしばらくお預け。またお預け。



そう言えば、仮面ライダー鎧武のシナリオ担当が……

虚淵先生キター!!!!!